”モノ作り” したい人のための DIYノウハウブログ







電動工具サンダーの種類と使い方とは?

タジフ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
タジフ
郊外の民。自宅に小屋を建て木工メインでDIYをしています。家具製作に携わった経験とノウハウを活かしてDIYに関する情報を発信しています。

木工DIYで必ず行う工程が、部材の研削・研磨です。

サンドペーパーを使用し手動で研削・研磨を行うのに比べて、簡単な操作で短時間に効率よく研削・研磨出来る電動工具が、”サンダー” です。

今回は、“サンダー” について種類と使い方を説明します。

サンダーとは?

オービタルサンダーによる板材の研磨

オービタルサンダーによる板材の研磨

ベルトディスクサンダー

ベルトディスクサンダー

”サンダー” とはサンドペーパー(ペーパーやすり)を本体に取り付け、振動や回転させることによって木材等を研削・研磨する電動工具です。

サンダーの種類には、細かい楕円運動(振動)で研削・研磨する “オービタルサンダー” 、円形のサンドペーパーを貼り付けたパット自体の回転+偏芯運動(パッドの回転軸をずらす機能)で研削・研磨する “ランダムサンダー” 、ベルト状のサンドペーパーを回転させて研削・研磨する ”ベルトサンダー” などがあります。

 

オービタルサンダー

オービタルサンダー各部名称

オービタルサンダー各部名称

パッドコンプリート面

パッドコンプリート面

サンディングペーパーを装着

サンドペーパーを装着

オービタルサンダーは、四角いパッドコンプリート部分が細かい楕円運動(振動)をし研削・研磨します。

パッド部分が細かい動きをする為、繊細な研削・研磨を行う事が可能なので、仕上げの研磨作業に適したサンダーです。

 

サンドペーパーの取り付け

片側のペーパークランプに挟む

片側のペーパークランプに挟む

サンディングペーパーを引っ張る

サンドペーパーを引っ張る

もう一方のペーパークランプに挟む

もう一方のペーパークランプに挟む

穴の開いた専用のサンドペーパーを本体に装着します。

片方のペーパークランプを開いてサンドペーパーを挟み込みます。

たるまないように引っ張りながらもう片方のペーパークランプに挟み込んで装着します。

(サンドペーパーの穴とパットコンプリートの集塵吸入口の位置が合う様に取り付けます)

 

パッドコンプリート固定ネジ

パッドコンプリート固定ネジ

固定ネジを外す

固定ネジを外す

パッドコンプリートの取り外し

パッドコンプリートの取り外し

パットコンプリートは4本の固定ネジを外すと、取り外しが可能です。

パッドコンプリートを交換し、サンドペーパーの交換が簡単なマジックファスナ式に変える事が出来ます。

 

マジックファスナ用パッドコンプリート

マジックファスナ用パッドコンプリート

固定ネジを締め取り付け

固定ネジを締め取り付け

クランプ用パッドコンプリート(サンドペーパーをクランプに挟む場合に使用)を外したら、専用のマジックファスナ用パッドコンプリートに交換し、固定ネジを締め取り付けます。

 

マジックファスナ用サンディングペーパー

マジックファスナ用サンドペーパー

パッドの穴とサンディングペーパーの穴を合わせて取り付ける

パッドの穴とサンドペーパーの穴を合わせて取り付ける

マジックファスナ用サンディングペーパー取り付け完了

マジックファスナ用サンドペーパー取り付け完了

マジックファスナ用サンドペーパーを用意し、パッドコンプリートの穴とサンドペーパーの穴が同じ場所になる様に張り合わせたら取り付け完了です。

(マジックファスナ式に変えると、サンドペーパーの交換が「剥がす・張り付ける」の簡単作業になり便利です)

 

パンチプレート

パンチプレート

市販のサンディングペーパーを装着

市販のサンドペーパーを装着

穴の開いていない市販のサンドペーパーを使用する際には、専用のパンチプレートで穴を開け使用する事が出来ます。

 

ガイドをパッドコンプリートの側面に当てる

ガイドをパッドコンプリートの側面に当てる

パンチプレートを押し込む

パンチプレートを押し込む

穴があいた市販のサンディングペーパー

穴があいた市販のサンドペーパー

市販のサンドペーパーを装着したら、パンチプレートのガイドをパッドコンプリート側面に当ててセットします。

パンチプレートを奥までしっかり押し込むと、粉塵吸入口の場所に穴があき、市販のサンドペーパーで集塵機能が使用出来る様になります。

 

集塵機能

パッドコンプリート面の粉塵吸入口

パッドコンプリート面の粉塵吸入口

粉塵排出口

粉塵排出口

ダストバックを装着する

ダストバックをつなぐ

サンダーで研削・研磨作業を行うと、多量の粉塵が発生します。

穴の開いた専用のサンドペーパーを使用する事で、集塵吸入口から排出口へ粉塵を排出する事が出来ます。

粉塵排出口には、ダストバックや集塵機のホースをつなぎ、粉塵を回収します。

ただし、発生するすべての粉塵を回収する事は難しく、ある程度粉塵が発生・飛散する為、作業する環境や作業者の装備等の考慮が必要です。

 

オービタルサンダーの使用方法

スイッチを引きロックボタンを押す

スイッチを引きロックボタンを押す

連続運転状態

連続運転状態

連続運転の解除

連続運転の解除

スイッチを引くと電源が入り、サンダーが始動します。

スイッチを引いた状態でロックボタンを押すと、スイッチがロックされ、運転状態を保ちます。

停止する時は、もう一度スイッチを引きロックボタンを解除し、スイッチから手を離します。

 

サンダー送り方向

サンダー送り方向

サンダー 角注意

角注意!

サンダー 角注意

角注意!

スイッチを入れモーターの回転が安定したら、サンダーを部材にあてがい研削・研磨作業を行っていきます。

部材に対しパッド面(サンドペーパー面)の水平を意識しながら本体を両手で保持し研磨していきます。

サンダーの送り方向は部材の木目方向と同じにし、前後に動かしながら研磨します。(木目方向と交差した方向にサンダーを送り研磨すると研磨跡が残ってしまいます)

部材の中央部分はサンダーの水平がとりやすく平面を損なわないのですが、端の部分はサンダーが斜めになりがちで、角が落ちて丸くなったりすることが多いので十分注意してください。

 

同じタイプのサンダーでおススメはこちら⇨

一回り小さいミニサンダーもおススメです⇨

 

ランダムサンダー

ランダムオービットサンダー

ランダムオービットサンダー

パッド部(サンドペーパー装着)

パッド部(サンドペーパー装着)

ランダムサンダーは、専用の円形サンドペーパー(ディスクペーパーまたはサンディングディスクと呼ばれる)を取り付けた丸いパッド部分が、偏芯運動(パッドの回転軸をずらす)しながら回転して研削・研磨します。

研磨力が強く、広範囲の研磨や粗砥ぎに向いています。

 

パッド裏面の集塵穴

パッド裏面の集塵穴

ディスクペーパー(表面・裏面)

ディスクペーパー(表面・裏面)

集塵穴に合わせて張り合わせる

集塵穴に合わせて張り合わせる

本体パッド部には、粉塵を排出するための集塵穴があいています。

ランダムサンダー専用の円形のサンドペーパー(ディスクペーパー・サンディングディスク)にも同じように集塵穴があけられており、集塵穴をあわせて取り付けます。

本体パッド部とサンドペーパー取り付け面は、マジックファスナ式になっており、簡単に取付脱着が出来ます。

 

集塵排出口

集塵排出口

集塵排出口にダストバックや集塵機を接続

集塵排出口にダストバックや集塵機を接続

本体後方には集塵排出口があり、ダストバックや集塵機に接続して研磨時の粉塵を回収することが可能です。

(発生する粉塵全てを回収することは出来ません)

 

本体前方のスイッチを入れる

本体前方のスイッチを入れる

本体を片手で保持

本体を片手で保持

本体を両手で保持

本体を両手で保持

材料から離れた所で、本体の前方にある電源スイッチを入れ、回転が安定したら研磨作業を始めます。

本体は、片手もしくは両手で保持し、前後(木目方向)へ動かしながら研磨します。

オービタルサンダーと同様に、部材の端の研磨は角を落としやすく丸くなりがちなので、注意が必要です。

 

同じタイプのサンダーでおススメはこちら⇨

 

ベルトサンダー

ベルトサンダー ハンディタイプ

ベルトサンダー ハンディタイプ

ベルトサンダー 裏面

ベルトサンダー 裏面

サンディングベルト

サンディングベルト

ベルトサンダーは、サンディングベルトと呼ばれるベルト状のサンドペーパーを高速で回転させ研磨します。

パワーが強力で広い範囲の研磨もスピーディーに行うことが出来ます。

サンディングベルトの幅が10mm~30mmほどの細長いベルトサンダーもあり、狭く深い場所や、複雑な形状の物を研磨する事が出来ます。

 

据え置きタイプ(ベルトディスクサンダー)

ベルトディスクサンダー

ベルトディスクサンダー

木口面の研削

木口面の研削

据え置きタイプのベルトサンダーは部材をサンディングベルトへ押し当てて研磨します。

ディスクサンダー(回転し垂直などの角度を固定して部材を研磨出来る)が付属しているモデルもあり便利です。

(ハンディタイプのベルトサンダーも専用のスタンドを使用し本体を逆さ向きにして据え置きタイプのベルトサンダーとして使うことも出来ます。)

ベルトディスクサンダーに関しては ベルトディスクサンダーの構造と使い方とは? の記事を参照してください。

 

集塵機能と騒音

オービタルサンダーによる素地調整

オービタルサンダーによる素地調整

ダスト口

ベルトディスクサンダーのダスト口(粉塵排出口)

防塵マスクと保護メガネ

防塵マスクと保護メガネ

サンダーを使用して研磨作業を行うと、多量の粉塵と騒音が発生します。

各サンダーには集塵機能が付属しており、ダストバックや集塵機によって粉塵を回収します。

しかし、研磨作業で発生する粉塵を100%回収することは不可能なので、防塵マスクや保護メガネの着用が必要となります。

研磨作業中は騒音も発生するので、多少の粉塵・騒音が出ても大丈夫な環境下での作業が必要条件となります。

 

サンドペーパーに関して

オービタルサンダー専用

オービタルサンダー専用

ランダムサンダー専用

ランダムサンダー専用

サンディングベルト

サンディングベルト

電動工具のサンダーに使用するサンドペーパーには様々な種類があり、機種によって使用するサンドペーパーの形状が異なります。

また、研磨作業の内容によって、適切なサンドペーパー(材質・目の粗さ等)を使用する必要があります。

各サンダーに使用するサンドペーパーに関しては、サンドペーパーの種類と用途、選び方とは? の記事を参照してください。

 

まとめ

今回は、素地調整などのスピードアップには欠かせない電動工具サンダーについてその種類と使い方について説明いたしました。

サンダーは便利な電動工具であっという間に研磨してくれますが、やりすぎるとせっかくの平面を凸凹にしたり、端を丸くしてしまったりするので注意してくださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
タジフ
郊外の民。自宅に小屋を建て木工メインでDIYをしています。家具製作に携わった経験とノウハウを活かしてDIYに関する情報を発信しています。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 作っちゃう? , 2017 All Rights Reserved.