”モノ作り” したい人のための DIYノウハウブログ







鬼目ナットの種類と取り付け方法とは?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
自宅に小屋を建て木工メインでDIYをしています。家具製作に携わった経験とノウハウを活かしてDIYに関する情報を発信しています。

木材を接合するには、木ネジやビス、ダボや接着剤を使用します。

それらの接合方法は、部材同士を強固に接合することは出来ますが、分解や脱着が難しくなります。

一方金属のように硬質な材料の場合、溶接の他、ボルトやネジを使用した接合が用いられます。

ボルトやネジを使用した接合は、分解や脱着が容易で非常に便利な接合方法です。

今回は、木材の接合箇所へボルトやネジの使用を可能にする、”鬼目ナット” の種類と取り付け方法について説明していきます。

 

鬼目ナットとは?

鬼目ナット

鬼目ナット

鬼目ナットの内側が雌ネジになっている

鬼目ナットの内側が雌ネジになっている

軸径とネジ山ピッチが合う雄ネジを用意

軸径とネジ山ピッチが合う雄ネジを用意

鬼目ナットにねじ込む

鬼目ナットにねじ込む

ボルトやネジを使用する事が出来る

ボルトやネジを使用する事が出来る

家具などの接合部に使用される

家具などの接合部に使用される

接合部断面

接合部断面

”鬼目ナット” とは、木材など材料の強度が弱く、雌ネジが作れない箇所に使用(下穴を開けた場所にねじ込みまたは打ち込みによる固定)し、ネジによる接合・固定を可能にするナットです。

※ネジの軸・外側にネジ山があるのが雄ネジ、ねじ込む先の穴・内側にネジ山があるのが雌ネジと呼びます。

鬼目ナットの内側が雌ネジになっており、サイズに合うボルト・ネジ(軸径とネジ山ピッチ)を使用する事が出来ます。

主に組み立て式家具などの接合部に使用され、接合部の部材の脱着が可能になります。

 

 

鬼目ナットの種類

ねじ込みタイプの鬼目ナット

ねじ込みタイプの鬼目ナット

打ち込みタイプの鬼目ナット

打ち込みタイプの鬼目ナット

鬼目ナットは、取付方法の違いから ”ねじ込みタイプ” と ”打ち込みタイプ” に分けられます。

 

ねじ込みタイプ(外側がネジ形状)

ねじ込みタイプ(外側がネジ形状)

六角棒レンチでねじ込む

六角棒レンチでねじ込む

ねじ込みタイプの鬼目ナットは、ナットの外側がネジ形状になっており、材料にあけた下穴へ六角棒レンチでねじ込んで取り付けます。

 

打ち込みタイプ・かえし構造

打ち込みタイプ・かえし構造

玄翁で打ち込む

玄翁で打ち込む

打ち込みタイプの鬼目ナットは、材料にあけた下穴へ玄翁で打ち込んで取り付けます。

ナットの外側に打ち込み方向と逆の方向にとがった ”かえし” があり、一度取り付けると抜けづらい構造になっています。

 

ねじ込みタイプの鬼目ナット(つば無しとつば付き)

ねじ込みタイプのつば無しとつば付き

打ち込みタイプのつば無しとつば付き

打ち込みタイプのつば無しとつば付き

ねじ込みタイプ・打ち込みタイプ共に、つば無し・つば付きがあります。

 

鬼目ナット・つばの位置

鬼目ナット・つばの位置

つばが取付部材端部に当たる

つばが取付部材端部に当たる

”つば” は鬼目ナットの端部に付属しており、つばがストッパーとなりそれ以上ナットを材料にねじ込み・打ち込みが出来ないので、取付深さが均一になります。

 

 

鬼目ナットの取り付け方法

下穴をあける

下穴をあける

鬼目ナット(ねじ込みタイプ・つば付き)を取り付け

鬼目ナット(ねじ込みタイプ・つば付き)を取り付け

鬼目ナット(ねじ込みタイプ・打ち込みタイプ)は、指定された径の下穴を開けてから取り付けます。

 

鉄工用ドリル

鉄工用ドリル

木工用ドリル

木工用ドリル

下穴をあけるには、指定された径の鉄工用ドリルや木工用ドリルを使用します。

 

鉄工用ドリルの先端部

鉄工用ドリルの先端部

センター錐の形状

木工用ドリル・センター錐の形状

鉄工用ドリルは、先端にセンター錐が無いため、切削した下穴が墨位置とずれてしまいがちです。

鬼目ナットの下穴をあける際には、なるべくセンター錐が付属している木工用ドリルを使用し、墨位置と実際に切削した下穴がずれないようにします。

(センター錐には、ネジ形状タイプと三角形状タイプがあります。下穴は途中で止める ”止め穴加工” になる為、ネジ形状タイプは使用せず、おくり量だけ穴をあけていく三角形状タイプを使用します。)

 

ねじ込みタイプの取り付け

つば無し

ねじ込みタイプ・つば無し

ねじ込みタイプ・つば無し

板材同士の接合部に鬼目ナットを使用する

板材同士の接合部に鬼目ナットを使用する

接合部断面図

接合部断面図

A材木口面とナット上端を揃える

A材木口面とナット上端を揃える

板材同士を直角に接合する箇所へ鬼目ナットを使用する場合を例に、ねじ込みタイプ・つば無しの取り付け方法を説明します。

鬼目ナットを取り付ける部材を ”A材” 、A材とボルトによって接合する部材を ”B材” とします。

鬼目ナットの取り付け位置(深さ方向)は、ナットの上端とA材・木口面を揃えることとします。

 

ドリルビットに下穴の深さ位置に印をつける

ドリルビットに下穴の深さ位置に印をつける

墨位置に下穴をあけていく

墨位置に下穴をあけていく

下穴の深さは、使用する鬼目ナットの全長より少し深くします。

(鬼目ナットの全長がきちんと下穴に収まる事と、使用するボルトの長さが鬼目ナット全長より長くなる場合を考慮する為)

ドリルにマスキングで深さの印をつけ、その位置まで下穴をあけます。

 

ナット内側上部が六角の形状

ナット内側上部が六角の形状

六角棒レンチ

六角棒レンチ

六角棒レンチでねじ込んでいく

六角棒レンチでねじ込んでいく

鬼目ナットの上端がA材・木口面と揃うまでねじ込む

鬼目ナットの上端がA材・木口面と揃うまでねじ込む

ねじ込みタイプの鬼目ナットは、内側上部が六角の形状になっており、六角棒レンチをはめ込み下穴へねじ込んでいきます。

鬼目ナットの上端がA材・木口面に揃ったら取り付け完了です。

 

B材外側からネジ・ボルトを締め込む

B材外側からネジ・ボルトを締め込む

接合部の密着度が高くなる

接合部の密着度が高くなる

B材の外側から、ネジ・ボルトを締め付け、接合完了です。

つば無しの鬼目ナットは、接合部の密着度が高くなります。

 

木口面と揃えた取り付けと深い位置に取り付けた場合の比較

木口面と揃えた取り付けと深い位置に取り付けた場合の比較

ナットを深い位置に取り付けた接合箇所の断面図

ナットを深い位置に取り付けた接合箇所の断面図

ねじ込みタイプのつば無し鬼目ナットは、下穴の深さを変える事によって、埋め込み深さを調整する事が出来ます。

下穴を深くし、埋め込み位置を深くする事で、鬼目ナットの引き抜き強度を高める事が可能になります。

 

つば付き

ねじ込みタイプ・つば付き

ねじ込みタイプ・つば付き

接合部断面図

接合部断面図

板材同士を直角に接合する箇所へ鬼目ナットを使用する場合を例に、ねじ込みタイプ・つば付きの取り付け方法を説明します。

鬼目ナットを取り付ける部材を ”C材” 、C材とボルトによって接合する部材を ”D材” とします。

 

ドリルビットへ下穴の深さ位置の印をつける

ドリルビットへ下穴の深さ位置の印をつける

マスキングの印位置の深さまで切削する

マスキングの印位置の深さまで切削する

ねじ込みタイプ・つば無しの取り付け方法と同様に、下穴の深さを使用する鬼目ナットの全長より少し深く切削する様にします。

(ドリルビットに切削する深さの位置にマスキングで印をつけ、C材木口面に下穴をあけます)

 

鬼目ナットの下穴

鬼目ナットの下穴

鬼目ナットをねじ込む

鬼目ナットをねじ込む

ねじ込みタイプ(つば付き)

ねじ込みタイプ(つば付き)の取り付け

下穴をあけたら、ねじ込みタイプ・つば無しと同様に六角棒レンチでねじ込んでいきます。

ナットのつばがC材の木口面に突き当たるまでねじ込んだら取り付け完了です。

 

つばの厚み

つばの厚み

取り付け箇所断面図

取り付け箇所断面図

D材外側からネジ・ボルトを締め込む

D材外側からネジ・ボルトを締め込む

鬼目ナット・ねじ込みタイプつば付きを使用した接合

鬼目ナット・ねじ込みタイプつば付きを使用した接合

D材の外側からネジ・ボルトを締め付け接合しますが、つばの厚み分の隙間が出来てしまいます。

ねじ込みタイプ・つば付きの鬼目ナットを使用した接合は、部材同士の密着度が低くなります。

 

 

打ち込みタイプの取り付け

つば無し

打ち込みタイプ・つば無し

打ち込みタイプ・つば無し

接合部断面図

接合部断面図

板材同士を直角に接合する箇所へ鬼目ナットを使用する場合を例に、打ち込みタイプ・つば無しの取り付け方法を説明します。

鬼目ナットを取り付ける部材を ”①材” 、①材とボルトによって接合する部材を ”②材” とします。

 

ドリルビットへ下穴の深さ位置の印をつける

ドリルビットへ下穴の深さ位置の印をつける

マスキングの印位置の深さまで切削する

マスキングの印位置の深さまで切削する

前述のねじ込みタイプと同様に、下穴の深さを使用する鬼目ナットの全長より少し深く切削する様にします。

ドリルビットの切削する深さ上端位置にマスキングで印をつけ、①材に下穴をあけます。

 

鬼目ナットを玄翁で打ち込む

鬼目ナットを玄翁で打ち込む

鬼目ナット全長の8~9割程度打ち込む

鬼目ナット全長の8~9割程度打ち込む

下穴をあけたら、鬼目ナットを玄翁で打ち込んでいきます。

鬼面ナット全長の8~9割程度まで下穴に打ちこみます。

 

玄翁(両頭)の平面と丸面

玄翁(両頭)の平面と丸面

玄翁の丸面で打ち込む

玄翁の丸面で打ち込む

鬼面ナット全長の8~9割下穴に打ち込んだら、玄翁の丸面側でナットの上端が①材の木口面とつらになるまで、慎重に打ち込みます。

※玄翁(両口玄翁)は打撃面がそれぞれ平面と丸面になっており、最後の仕上げを丸面で打ち込むことで、①材の木口面に傷やへこみを付けず、鬼目ナットの取り付けが出来ます。

 

鬼目ナット上端が①材木口面と面になる

鬼目ナット上端が①材木口面と面になる

打ち込みタイプ・つば無しの取り付け完了

打ち込みタイプ・つば無しの取り付け完了

鬼目ナットの上端が①材木口面と面になったら、取り付け完了です。

 

②材外側からネジ・ボルトを締め込む

②材外側からネジ・ボルトを締め込む

密着度が高い接合になる

密着度が高い接合になる

②材の外側から、ネジ・ボルトを締め付け、接合完了です。

打ち込みタイプ・つば無しの鬼目ナットは、接合部の密着度が高くなります。

 

ねじ込みタイプは引き抜き強度が高い

ねじ込みタイプは引き抜き強度が高い

打ち込みタイプはねじ込みタイプに比べて引き抜き強度が弱い

打ち込みタイプはねじ込みタイプに比べて引き抜き強度が弱い

打ち込みタイプ・つば無しは、ねじ込みタイプに比べて引き抜き強度が弱く、特に部材の木口面に取り付ける場合は注意が必要です。

接合強度を考慮して、使用するようにします。

 

つば付き

打ち込みタイプ・つば付き

打ち込みタイプ・つば付き

引っ張り強度が高い

引っ張り強度が高い

板材同士の連結部に使用

板材同士の連結部に使用

連結部断面図

連結部断面図

打ち込みタイプ・つば付きは、つば部分が厚く、打ち込み方向への引っ張り強度が高い構造になっています。

板材同士の連結箇所(つばをストッパーとする)などに使用されます。

 

下穴は貫通させる

下穴は貫通させる

玄翁で打ち込む

玄翁で打ち込む

つばが突き当たるまで打ち込む

つばが突き当たるまで打ち込む

板材同士を平行に連結する場合は、下穴は貫通させます。

下穴をあけたら、鬼目ナットをつばが部材に当たるまで玄翁で打ち込みます。

 

ボルトの締め付け

ボルトの締め付け

打ち込みタイプ・つば付きを使用した連結

打ち込みタイプ・つば付きを使用した連結

ボルト・ネジを締め付けて連結完了です。

 

ネジ穴が露出した仕上がり

ネジ穴が露出した仕上がり

ネジ穴が閉じたタイプの鬼目ナット

ネジ穴が閉じたタイプの鬼目ナット

構造比較

構造比較

ネジ穴が閉じた鬼目ナットの仕上がり

ネジ穴が閉じた鬼目ナットの仕上がり

今回使用した鬼目ナットは、ネジ穴が貫通している為、外側にネジ穴が露出する仕上がりになります。

同様の連結が出来る鬼目ナットにネジ穴が閉じたタイプがあり、外観をスッキリとした仕上がりにしたい場合に使用します。

(取り付け方法はネジ穴が貫通しているタイプと同じになります)

 

鬼目ナットを打ち込み金具をネジ止め

鬼目ナットを打ち込み金具をネジ止め

打ち込みタイプ・つば付きを使用した金具の取り付け

打ち込みタイプ・つば付きを使用した金具の取り付け

打ち込みタイプ・つば付きの鬼目ナットは、板材同士を直角に接合する箇所へ使用は適していませんが、板材に金具等を固定する場合にも使用する事が出来ます。

 

鬼目ナットに使用されるボルト・ネジの種類

様々な種類のボルト・ネジ

様々な種類のボルト・ネジ

ネジ径・ネジピッチがあうボルト・ネジであれば使用可能

ネジ径・ネジピッチがあうボルト・ネジであれば使用可能

ジョイントコネクターボルト

ジョイントコネクターボルト

セットキャップボルト

セットキャップボルト

トラス頭小ねじ

トラス頭小ねじ

鬼目ナットには、ネジ径とネジピッチ合えば様々な種類のボルト・ネジが使用することが出来ます。

ただし、ボルト・ネジの収まりや外観の仕上がりを考慮し、”ジョイントコネクターボルト” のような低頭ボルト、 ボルトの頭部にキャップカバーをはめることが出来る ”セットキャップボルト”、頭部分の面が広い ”トラス頭小ねじ” などを使用する場合が多いです。

 

ジョイントコネクターボルト

ジョイントコネクターボルトを使用した場合の外観

ジョイントコネクターボルトを使用した場合の外観

ジョイントコネクターボルト接合部断面

ジョイントコネクターボルト接合部断面

ジョイントコネクターナット

ジョイントコネクターナット

ジョイントコネクター使用の連結部断面

ジョイントコネクター使用の連結部断面

ジョイントコネクターボルトは、組み立て家具の接合部や連結部に使用されます。

鬼目ナットや専用のジョイントコネクターナットと組み合わせて使用されます。

 

セットキャップボルト

専用のキャップカバー

専用のキャップカバー

セットキャップボルトにはめ込む

セットキャップボルトにはめ込む

キャップカバーをはめた状態

キャップカバーをはめた状態

セットキャップボルトを使用した場合の外観

セットキャップボルトを使用した場合の外観

セットキャップボルト使用の連結部断面

セットキャップボルト使用の連結部断面

セットキャップボルトは、組み立て家具の接合部や連結部に使用されます。

ボルトの頭部分に専用のキャップカバーをはめられる様になっており、外観をスッキリと見せる事が出来ます。

(キャップカバーはボルトを締め付け、部材同士の接合完了した後にボルトの頭にはめて使用します)

 

セットキャップナット

セットキャップナット

セットキャップボルト・ナット使用の連結部断面

セットキャップボルト・ナット使用の連結部断面

鬼目ナットの他、専用のセットアップナットと組み合わせて使用されます。

 

トラス頭小ねじ

トラス頭小ねじとナベ小ねじの面の大きさ比較

トラス頭小ねじとナベ小ねじの面の大きさ比較

トラス頭小ねじを使用した場合の外観

トラス頭小ねじを使用した場合の外観

トラス頭小ねじ使用の連結部断面

トラス頭小ねじ使用の連結部断面

トラス頭小ねじは、頭部分の面が広いので、部材へのめり込みが抑えられ接合力を高めることが出来ます。

 

 

まとめ

今回は、”鬼目ナット” の種類と取り付け方法について説明しました。

鬼目ナットは組み立て式家具の接合部によく用いられますが、木材接合箇所へのボルトの使用と接合部の脱着が可能になるので、箱物家具の接合方法の一つとして取り入れると非常に便利です。

ただし、接着剤を併用したビス止めやダボによる接合と比べると、接合強度が弱くなるので、接合箇所の必要な強度を考慮して使用する必要があります。

参考にしてみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
自宅に小屋を建て木工メインでDIYをしています。家具製作に携わった経験とノウハウを活かしてDIYに関する情報を発信しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 作っちゃう? , 2021 All Rights Reserved.