”モノ作り” したい人のための DIYノウハウブログ







アンティーク風ボトルケースをDIY。相欠き継ぎのやり方とは?

イサ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
イサ
自宅に小屋を建て木工メインでDIYをしています。家具製作に携わった経験とノウハウを活かしてDIYに関する情報を発信しています。

 

多肉植物などのグリーンのディスプレイにピッタリな海外の “アンティークボトルケース” 。

ボトルを収納する為の細かい仕切りが特徴的ですが、今回は杉材を使用しアンティーク加工を施した ”アンティーク風ボトルケース” を制作します。

仕切り部分に ”相欠き継ぎ” と呼ばれる接合方法を用いて、その加工法(マルノコとスライドマルノコによる2種類の加工法)について説明します。



材料と道具

材料

  • 杉プレナー材  13mm×90mm×379mm  2本(側板)
  • 杉プレナー材  13mm×90mm×274mm  2本(前後板)
  • 杉プレナー材  7mm×70mm×363mm  3本(格子長手)
  • 杉プレナー材  7mm×70mm×284mm  4本(格子妻手)
  • ラワンべニア  5.5mm×284mm×363mm  1枚(底板)
  • 木工用接着剤

道具

  • マルノコ(マルノコ定規使用) または スライドマルノコ
  • トリマー(ストレートビット・ストレートガイド・テンプレットガイド・自作ガイド使用)
  • クランプ
  • さしがね・スコヤ
  • 玄翁・ワイヤーブラシ・鉄工用やすり・千枚通し・サンドペーパー

塗装用具

  • ターナーミルクペイント・ビンテージワイン
  • ターナーミルクペイント・スノーホワイト
  • ステンシル型(スポンジ等ステンシル用具)
  • ターナーミルクペイント・ダストメディウム
  • ブライワックス・ジャコビーン
  • 刷毛・ウエス

 

相欠き継ぎ

部材同士お互い切り欠く

部材同士溝を等しく切り欠く

溝同士をはめ込む

溝同士をはめ込む

相欠き継ぎ

相欠き継ぎ

”相欠き継ぎ” とは、部材同士溝を等しく切り欠き、溝が向かい合う様にはめ込み接合する継ぎ手の一つです。

建具の格子戸や障子戸に用いられています。

 

仕切り部分

仕切り部分

マルノコ

マルノコ

スライドマルノコ

スライドマルノコ

今回はボトルケース内側の仕切り板部分(格子)を相欠き継ぎで組み上げます。

 ”マルノコ” と ”スライドマルノコ” による相欠き継ぎの加工法を紹介します。

 

マルノコによる加工方法

ノコ刃の出を調整

ノコ刃の出を調整

試し切り

試し切り

試し切りで切削深さを確認

試し切りで切削深さを確認

相欠き継ぎをする仕切り板は、幅・70mm・厚み・7mm になります。

接合する部材同士に溝を等しく切り欠くので、深さ35mm・幅7mmの溝をマルノコで加工する事になります。

マルノコの刃の出具合をスコヤ等で確認・設定したら、実際に切削(試し切り)してみます。

切削が正確な深さになっているか確認し、刃の出具合を最終調整します。

 

仕切り板の長手方向と妻手方向

仕切り板の長手方向と妻手方向

同じ方向の仕切り板に墨付け

同じ方向の仕切り板に墨付け

仕切り板に欠き取る溝の墨付けをします。

墨付け位置がずれない様にする為、同じ方向(長手同士、妻手同士)の仕切り板をまとめて(クランプで固定)墨付けしていきます。

 

仕切り板と同じ幅の添え木

仕切り板と同じ幅の添え木

マルノコの安定

マルノコの安定

墨付け同様、欠き取る溝がずれない様に同じ方向の仕切り板をまとめて(クランプで固定)切削します。

ただし、仕切り板をまとめただけだとマルノコのベース接地面が狭く、マルノコが不安定になり、正確な切削が出来ません。

仕切り板と同じ幅の添え木で仕切り板を挟み、マルノコのベース接地面を広くする事で、マルノコの安定・正確な切削を出来る様にします。

 

マルノコ定規をあてて切削

マルノコ定規をあてて切削

左右の墨ぎわを切削

左右の墨ぎわを切削

欠き取り加工完了

欠き取り加工完了

マルノコ定規をあて切削していきます。

左右の墨ぎわを正確に切削したら、残った部分もマルノコで(何回かに分けて切削)欠き取ります。

 

はまり具合を確認

はまり具合を確認

仕切り板に欠き取り加工完了

仕切り板に欠き取り加工完了

欠き取った溝に仕切り板をはめてみて、はまり具合を確認します。

きつ過ぎた場合は再度マルノコで切削し、微調整します。

仕切り板の長手・妻手全てに、同じ手順で欠き取り加工をします。

 

格子状に組んでいきます

格子状に組んでいきます

相欠き継ぎによる仕切り板の接合

相欠き継ぎによる仕切り板の接合

仕切り板の長手・妻手の溝が向かい合う様に組んでいきます。

正確な格子に組めたら、相欠き継ぎの完成です。

 

欠き取る溝の幅が広い相欠き継ぎの加工法など、マルノコに関しては、マルノコの使い方と構造について詳しくお教えします。 の記事を参照してください。

 

スライドマルノコによる加工方法

ストッパアームとツマミネジ

ストッパアームとツマミネジ

スライドマルノコには、”ストッパーアーム” と ”ツマミネジ” が付属しています。

それらの機能(ノコ刃の下限位置調整)を利用して、相欠き継ぎの欠き取り加工を行います。

 

ストッパアームを前方に回転させる

ストッパアームを前方に回転させる

ノコ刃を押し下げる

ノコ刃を押し下げる

ストッパーアームを前方に回転させ、ノコ刃を押し下げていきます。

 

ツマミネジがアーム部に突き当たる

ツマミネジがアーム部に突き当たる

ノコ刃の下限位置

ノコ刃の下限位置

ノコ刃を押し下げていくと、ツマミネジがアーム部に突き当たり、それ以上ノコ刃を押し下げる事ができなくなります。

ツマミネジを回してネジの出具合を変える事で、ノコ刃の下限位置を調整出来る仕組みになっています。

 

切削出来ない部分

切削出来ない部分

スペーサーを挟む

スペーサーを挟む

ノコ刃の下限調整機能を使用する際に注意する点が、ノコ刃の下限を上げてしまうと、ノコ刃を前方に最後までスライドさせても、切削出来ない部分がでてしまうところです。

フェンスと加工材(仕切り板)の間にスペーサーを挟み込む事で、切削出来ない部分が無い様にします。

 

欠き取る溝の底にノコ刃を合わせる

欠き取る溝の底にノコ刃を合わせる

実際の仕切り板の木口に、欠き取る溝の深さの墨線を引きます。

ツマミネジを回してノコ刃の下限位置を墨線に合わせます。

 

試し切り

試し切り

切削深さを確認

切削深さを確認

仕切り板と同寸の端材を使用し、試し切りをします。

切削深さを確認し、ノコ刃の位置を最終調整します。

 

溝切削

溝切削

両側の墨ぎわを切削

両側の墨ぎわを切削

欠き取り加工完了

欠き取り加工完了

同じ方向(長手同士、妻手同士)の仕切り板をまとめて(クランプで固定)スライドマルノコにセットして、切削していきます。

欠き取る溝の両側の墨ぎわを先に切削し、残りも欠き取ります。

欠き取った溝に仕切り板をはめてみて、はまり具合を確認し、調整が必要であれば再切削します。

 

以降の工程はマルノコでの加工と同様に、すべての仕切り板に欠き取り加工をし、格子に組んだら相欠き継ぎの完成となります。

 

外枠(前後板・側板)に溝加工

前後板・側板に底板をはめ込む溝を加工

溝に底板をはめ込む

溝に底板をはめ込む

溝に底板をはめ込んだ状態

溝に底板をはめ込んだ状態

ボトルケースの底板は、外枠(前後板・側板)の内側に溝をほり、はめ込んで固定します。

溝ほり加工は、”トリマー” で切削します。

トリマーの詳しい使用法は、トリマーの使い方と構造について詳しく説明します。 の記事を参照してください。

 

ストレートガイドとビットの間が10mm

ストレートガイドとビットの間が10mm

トリマーで深さ5mmの溝切削

トリマーで深さ5mmの溝切削

底板の厚み(5.5mm)ピッタリの溝をほり、底板をはめ込もうとすると、きつく上手くはまらない場合が多いです。

トリマーには6mmのストレートビットを装着し、底板の厚みより0.5mmほど幅の広い溝をほります。

溝をほる位置は、外枠(前後板・側板)の下端から10mmの場所にします。

ストレートガイドを装着し、ビットとガイドの間を10mmにセットします。

溝は2回に分けて5mmの深さに切削します。

 

底板の溝が露出

底板の溝が露出

側板の端部を残す

側板の端部を残す

前後板は溝を端から端へ通してほります。

側板は組み立てた時に木口が表に出る為、端まで溝をほってしまうと、溝が表に露出してしまいます。

溝が露出しない様に、側板の端部を残す様に加工します。

端部を残す溝ほり加工に関しては、北欧風ミニチェストをDIY。箱物家具の作り方、お教えします。 記事内の ”背板溝ほり加工” の欄を参照してください。

 

底板のはまる溝加工完了

底板のはまる溝加工完了

底板をはめ込む溝(前後板は通し溝・側板は端部を残す溝)ほり加工が完成しました。

 

前後板・側板に仕切り板をはめ込む溝を加工

外枠にはめ込む

外枠にはめ込む

14箇所を溝ほり

14箇所を溝ほり

格子に組んだ仕切り板の端部は、前後板・側板に溝をほり、はめ込む構造になります。

溝ほり加工は ”トリマー” で行い、前後板に3カ所づつ、側板に4ヶ所づつ、合計14か所ほります。

所定の場所に溝をほる為の墨線を引いておきます。

 

自作トリマー定規を固定

自作トリマーガイドを固定

トリマーで溝切削

トリマーで溝切削

溝の墨線に合わせて、自作トリマーガイドを両面テープで固定します。

自作トリマーガイドの作り方など、トリマーの詳しい使い方は、トリマーの使い方と構造について詳しく説明します。 の記事を参照してください。

トリマーにはストレートビットを装着し、自作ガイドにトリマーベースを沿わせて溝切削していきます。

 

定規に沿って溝が掘れます

ガイドに沿って溝が掘れます

溝加工完成

溝加工完成

自作トリマーガイドにピッタリと沿った溝がほることが出来ます。

溝の深さは5mmとし、2回に分けて切削します。

 

仕切り板をはめてみる

仕切り板をはめてみる

溝ほり加工が出来たら、実際に仕切り板をはめてみて、はまり具合を確認します。

14か所すべての溝を同じ様に加工します。

 

前・後板に取っ手の穴を切り抜き

取っ手部分

取っ手部分

ボトルケースの前後板に取っ手部分の穴を ”トリマー” で切り抜いていきます。

 

 

テンプレート 型板

テンプレート 型板

テンプレットガイド取り付け

テンプレットガイド取り付け

トリマーの ”ならい加工” で取っ手部分を切り抜いていきます。

ならい加工を行うためには、あらかじめテンプレート(型板)を用意し、トリマーにはテンプレットガイドを取り付けストレートビットで切削します。

トリマーでのならい加工のやり方等については、トリマーの使い方と構造について詳しく説明します。 の記事を参照してください。

 

加工材にテンプレートを固定

加工材にテンプレートを固定

トリマーの送り方向

トリマーの送り方向

テンプレートを加工材に両面テープで貼り付け固定します。

トリマーの送り方向は、加工材をビットの左側にしてトリマーを前方へ送っていくのが基本なので、今回の加工におけるトリマーの送り方向は時計回り(右回り)になります。

 

トリマー加工

トリマー加工

数回に分けて切削します

数回に分けて切削します

切り抜き 完成

切り抜き 完成

トリマーの一回の切削は深さ3mm以下にし、何回かに分けて徐々に切削して切り抜きます。

 

ボトルケース組み立て

ボトルケース組み立て

ボトルケース組み立て

底板を前後板・側板の溝にはめ込み、釘と木工用ボンドで箱の枠を組み立てます。

格子に組んだ仕切り板を上からはめ込んで、ボトルケース組み上がりです。

 

塗装とステンシル、エイジング加工

組み上がったボトルケースをアンティーク仕上げにする為に、塗装・ステンシルをした後に経年変化(傷・へこみ・汚れ等)を再現するエイジング加工を施します。

 

塗装とステンシル

ターナーミルクペイント・ビンテージワイン

ターナーミルクペイント・ビンテージワイン

ビンテージワイン塗布

ビンテージワイン塗布

ビンテージワイン塗布完了

ビンテージワイン塗布完了

ボトルケースのベース色の ”ターナーミルクペイント・ビンテージワイン” を刷毛で塗装します。

 

ターナーミルクペイント・スノーホワイト

ターナーミルクペイント・スノーホワイト

市販ステンシル型を固定

市販ステンシル型を固定

ステンシル完成

ステンシル完成

”ビンテージワイン” が乾いたら、ステンシルの型をマスキングテープ等で固定し、”ターナーミルクペイント・スノーホワイト” でステンシルしていきます。

ステンシルのやり方については、アンティークな木箱をDIY!ステンシルのやり方教えます。 の記事を参照してください。

 

エイジング加工

傷やへこみの再現

エイジング加工で使用する道具

エイジング加工で使用する道具

玄翁

玄翁

サンドペーパー

サンドペーパー

塗装が完全に乾いたら、傷やへこみを再現していきます。

玄翁・千枚通し・鉄工用やすり・ワイヤーブラシ・サンドペーパーなどを使用し、傷やへこみをつけていきます。

 

汚れの再現

ターナーミルクペイント・ダストメディウム

ターナーミルクペイント・ダストメディウム

ダストメディウム 中身

ダストメディウム 中身

経年で付いた汚れを塗装する事で再現していきます。

”ターナーミルクペイント・ダストメディウム” を使用し、ほこりをかぶった様な風合いを出していきます。

”ダストメディウム” は少し黄色味がかった乳白色で、粘度が高くドロッとしています。

 

ダストメディウム 塗布

ダストメディウム 塗布

ダストメディウム 擦り付け

ダストメディウム 擦り付け

ダストメディウム塗装完了

ダストメディウム塗装完了

”ダストメディウム” はウエスなどに少量取、擦り付けるように塗ります。

 

ブライワックス・ジャコビーン

ブライワックス・ジャコビーン

ブライワックス・ジャコビーン塗布

ブライワックス・ジャコビーン塗布

全体的な汚れには、”ブライワックス・ジャコビーン” を塗布して再現します。

”ブライワックス・ジャコビーン” はウエスに少量取り、すり込んでいくように塗布します。

ブライワックスは蜜蝋を使用したワックスで、塗装に使用したウエス等は放置しておくと、自然発火する恐れがあります。

使用後の塗装用具は必ず水に浸して処理してください。

 

完成

アンティーク風ボトルケース

アンティーク風ボトルケース

アンティーク風ボトルケース
アンティーク風ボトルケース

アンティーク風ボトルケースの完成です。

 

 まとめ

今回は、”相欠き継ぎ” を使った ”アンティーク風ボトルケース” の作り方を紹介しました。

”相欠き継ぎ” は木工DIYにおいて様々な所で使われる基本の接合方法です。

マルノコ・スライドマルノコを使用した2種類の方法を説明しましたが、難易度は高くないのでぜひ習得したい接合方法です。

参考にしてみてくださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
イサ
自宅に小屋を建て木工メインでDIYをしています。家具製作に携わった経験とノウハウを活かしてDIYに関する情報を発信しています。










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 作っちゃう? , 2017 All Rights Reserved.