”モノ作り” したい人のための DIYノウハウブログ







DIYでウッドデッキを作るのに必要な道具とは?

イサ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
イサ
自宅に小屋を建て木工メインでDIYをしています。家具製作に携わった経験とノウハウを活かしてDIYに関する情報を発信しています。

 

DIYでウッドデッキを制作するとなると、ある程度の道具を揃える必要があります。

今回はウッドデッキ制作に必要な道具(電動工具・測定墨付け道具・手工具・その他の道具)について紹介します。




電動工具

インパクトドライバー

インパクトドライバー

インパクトドライバー

ビス止めや下穴あけの際に必ず必要な電動工具が、“インパクトドライバー” です。

ウッドデッキの各部材の固定はほとんどがビス止めになります。

使用する木材は堅木(ハードウッド)を使用する事が多く、パワーがあるインパクトドライバーを使用する事となります。

 

皿取錐

皿取錐

皿部分も同時に切削

皿部分も同時に切削

皿ビスの収まり

皿ビスの収まり

インパクトドライバーと一緒に揃えておくと良いのが、“皿取錐” です。

下穴をあけると同時に皿部分も切削するので、作業効率をあげる事が出来ます。

インパクトドライバーに関してはDIY初心者がまず揃えるべき電動工具とは?電動ドライバーの種類と使い方。の記事を参照してください。

 

マルノコ

マルノコ

マルノコ

部材を切断する基本の電動工具は、“マルノコ” です。

部材の直線カット・角度カット・欠き取り加工・縦に割くなど、様々な切断加工に使用されます。

ウッドデッキの制作過程では長い材料から部材を切り出す事が多く、持ち運びしやすいマルノコがあると大変便利です。

 

直角切断用マルノコ定規

直角切断用マルノコ定規

角度切断用マルノコ定規

角度切断用マルノコ定規

マルノコで正確な直線カットをするには、“マルノコ定規” が必要です。

直角カット用の他に、任意の角度にカット出来る角度切断用のマルノコ定規もあると良いでしょう。

マルノコに関してはマルノコの使い方と構造について詳しくお教えします。の記事を参照してください。

 

スライドマルノコ

スライドマルノコ

スライドマルノコ

前述のマルノコでもウッドデッキ作りの切断作業を十分行うことが出来ますが、 “スライドマルノコ” があればより正確なカット・作業効率のアップが可能です。

 

90mmの角材はマルノコでは1回でカット出来ない

90mmの角材はマルノコでは1回でカット出来ない

スライドマルノコでの90mm角材カット

スライドマルノコでの90mm角材カット

ウッドデッキの束柱は90mm角の角材が一般的に使用されますが、マルノコでは90mm角は1回でカット出来ません。

(マルノコ刃径190mmの機種でも切り込みの深さは最大68mm程度です。厳密に言うと90mm角を一回でカット出来る機種もありますが、DIYで扱うには大きすぎて危険を伴うのでお勧めしません。)

スライドマルノコ(90mmカット対応機種)では、1回で正確な切断が出来ます。

 

スライドマルノコによる角度切断

スライドマルノコによる角度切断

留め(45°)切断

留め(45°)切断

スライドマルノコでは角度のついた切断も簡単に行うことが出来ます。

スライドマルノコに関してはスライドマルノコとは?機能と使い方を ”マキタ・LS1014” で説明します。の記事を参照してください。

 

ジグソー

ジグソー

ジグソー

フェンス支柱周りの床材の欠き取り

フェンス支柱周りの床材の欠き取り

床材の欠き取り加工などに便利なのが、“ジグソー” です。

フェンスのあるウッドデッキの場合、束柱を伸ばしフェンス支柱とするため、支柱周りの床材の欠き取り加工が必要となりますが、ジグソーを使用すれば容易に加工出来ます。

ジグソーは曲線カットが可能ですが、デッキ材は堅木(ハードウッド)を使用し板厚も大きい事が多いため、切断面が傾斜しがち(ブレードが押され斜めになる為)になるので注意が必要です。

ジグソーに関してはジグソーとは?使い方と機能について分かり易く説明いたします。の記事を参照してください。

 

サンダー

サンダー

サンダー

ウッドデッキ材の面取りや塗装の際の素地調整に使用するのが、“サンダー” です。

ウッドデッキ製作には部材端部の面取りなどに使用しますが、制作後のメンテナンス(再塗装等)に必要となるので、揃えておくと良いでしょう。

サンダーに関しては電動工具サンダーの種類と使い方とは?の記事を参照してください。

 

測定・墨付け道具

コンベックス(メジャー)

コンベックス

コンベックス

“コンベックス(メジャー)” は墨付け・ウッドデッキの寸法確認等に使用されます。

ウッドデッキ制作時は野外での使用となるので、土や砂にさらされる事になります。

出来れば野外使用専用(家具製作などの屋内使用とは別に)のコンベックス(メジャー)を用意する事をお勧めします。

長さは、5.5mあるものを選ぶと良いでしょう。

コンベックス(メジャー)に関しては木工DIYの基本、計測・墨付け・切断・接合に必要な手工具とは?コンベックス・さしがね・のこぎり・げんのうについて詳しく説明します。の記事を参照してください。

 

さしがね

さしがね

さしがね

部材に墨線をひく

部材に墨線をひく

“さしがね” は墨付け・計測・直角の確認等に使用されます。

 

水糸から束石までの高さを計測

水糸から束石までの高さを計測

水糸と束石の位置確認

水糸と束石の位置確認

水糸と束石の高さも計測や、水糸と束石の位置を確認する際には、さしがねを立てて使用します。

さしがねに関しては木工DIYの基本、計測・墨付け・切断・接合に必要な手工具とは?コンベックス・さしがね・のこぎり・げんのうについて詳しく説明します。の記事を参照してください。

 

スコヤ・自由定規

スコヤ

スコヤ

留め型スコヤ

留め型スコヤ

直角の確認や墨付けに使用するのが “スコヤ” です。

ウッドデッキの制作の場合、さしがねで直角の確認・墨付けを行うことがほとんどですが、45°の墨線を引ける “留め型スコヤ” はあると便利です。

 

自由定規

自由定規

“自由定規” は角度を自由に設定出来るので、設計図から角度を写し取り墨付けをしたり、スライドマルノコの角度設定に使用します。

 

スコヤ・自由定規に関してはスコヤ・留め定規・自由定規とは?使い方と機能についてお教えします。 の記事を参照してください。

 

水平器

水平器

水平器

水平器の気泡と目盛り

水平器の気泡と目盛り

ウッドデッキ製作で最も重要なポイント、水平・垂直に設置出来ているかどうかを確認する道具が、“水平器” です。

本体の気泡管には目盛りが印してあり、計測箇所に当てがった際に内部の気泡が目盛間の真ん中にある場合が水平(真ん中からずれていれば傾きがある)ということになります。

 

垂直・45°傾斜を計測できる水平器

垂直・45°傾斜を計測できる水平器

長さの短い水平器

長さの短い水平器

水平器は、本体の長さが比較的長めで垂直・45°傾斜を測定できる物と、本体の長さが短い物の2種類あると良いです。

 

チョークライン

チョークライン

チョークライン

長い直線の墨付けをする道具が、“チョークライン” です。

大工道具には “墨壺” と呼ばれる墨付けの道具がありますが、墨の代わりにチョークの粉によって墨付けするのがチョークラインです。

墨壺の墨線は消すことが出来ないので使用箇所が限定されますが、チョークラインは消す事が可能なので大変便利です。

 

板材の端から端へ墨線をひく

板材の端から端へ墨線をひく

カルコを引き出す

カルコを引き出す

墨位置にカルコをさす

墨位置にカルコをさす

チョークラインで板材の中央に端から端へ墨線を引いていきます。

チョークライン本体から、“カルコ” と呼ばれる針がついている部分を引き出します。

カルコにはチョークの粉が付着している糸が繋がっています。

カルコの針を墨位置に刺して固定します。

 

もう一方の墨位置へ伸ばしていく

もう一方の墨位置へ伸ばしていく

糸にテンションをかけて保持する

糸にテンションをかけて保持する

もう一方の墨位置へ糸を伸ばしていき、墨に糸を重ね、テンションをかけて保持します。

 

糸を弾く

糸を弾く

チョークラインが引けました

チョークラインが引けました

テンションのかかった糸をつまみ上げ、弾くと一直線のチョークラインが引けます。

 

鉛筆・チョーク・マジック

墨付け用鉛筆

墨付け用鉛筆

設置場所をチョークでマーキング

設置場所をチョークでマーキング

束石にマジックで墨付けする

束石にマジックで墨付けする

墨付けには鉛筆を使用しますが、ウッドデッキ材は堅木を使用することが多いので、普通の鉛筆だと折れやすくなります。

ハードな使用にも耐えうる “墨付け用鉛筆” の使用をおススメします。

設置場所のマーキング(ウッドデッキの設置場所がコンクリートの場合)や束石への墨付けなどには、チョークやマジックがあると良いです。

 

手工具

ノコギリ

ノコギリ

ノコギリ

ウッドデッキ材のカットはマルノコなどの電動工具で行いますが、細かい部分の欠き取りなどに “手鋸(ノコギリ)” を使用する事があります。

ウッドデッキ材は堅木を使用する事が多いので、切れ味の良いノコギリを用意しておきます。

 

玄翁(げんのう)

両口げんのう

両口げんのう

ウッドデッキ作りはほとんどがビスを使用する為、釘を打ち込む作業での玄翁げんのうの使用頻度はあまり高くありません。(ウッドデッキの使用条件・使用木材の種類によっては、床材を釘で止める事があります。)

ただし、組み立て時の修正や位置決め、ノミの使用時などに使用しますので必ず用意しておきましょう。

 

鑿(のみ)

叩きのみ

叩きのみ

のみによる溝底の仕上げ削り

のみによる溝底の仕上げ削り

ウッドデッキの構造によっては溝加工をする場合があり、溝の仕上げに のみ を使用します。

鑿は柄の頭に輪金が付属している “叩き鑿” (玄翁で叩くことが出来る)を用意しておくと良いです。

 

クランプ

バークランプ

バークランプ

F型クランプ

F型クランプ

パイプクランプ

パイプクランプ

ウッドデッキを制作する際になくてはならないのが、“クランプ” です。

 

長尺材の固定

長尺材の固定

固定位置のズレ・材の浮き上がり防止

固定位置のズレ・材の浮き上がり防止

固定位置の修正・材の反り修正

固定位置の修正・材の反り修正

DIYでのウッドデッキ作りは一人で行う事が多いので、片手で締め付けが出来るバークランプがあると長尺材の固定などに大変重宝します。

堅木にビスを打ち込むと、材が浮き上がり部材同士の密着・固定が上手くいかない場合があります。

Fクランプで部材をしっかりと固定した後にビス止めする事で、確実に部材同士を密着・固定し、位置のズレも防ぐことが出来ます。

床材などの長尺材の反りや固定位置の修正には長さのあるパイプクランプがあると便利です。

クランプに関しては木工DIYには欠かせない工具、”クランプ” の種類と使い方とは? の記事を参照してください。

 

インテリアバール

インテリアバール

インテリアバール

床板の反りを矯正

床板の反りを矯正

“インテリアバール” は、てこの原理を使って部材の反りや固定位置の修正をする事が出来ます。

床材などの長尺材を固定する際にあると便利です。

 

その他の道具

水糸・透明ホース・バケツ

水糸

水糸

透明ホースとバケツ

透明ホースとバケツ

ウッドデッキ制作の初めに行う工程、水盛り・遣り方に必要な道具が、“水糸・透明ホース・バケツ” です。

水糸はウッドデッキの設置位置の基準を指し示す糸で、ナイロン製のたるみにくい素材の糸です。

透明ホース・バケツは水平を計測する際に使用します。

水糸・透明ホース・バケツの詳しい使用法はウッドデッキの作り方。地縄張り・水盛り・遣り方のやり方とは?の記事を参照してください。

 

シャベル・トロ舟

縦穴掘り複式シャベル

縦穴掘り複式シャベル

角スコップ

角スコップ

トロ舟

トロ舟

ウッドデッキの基礎作業で使用するのが、“シャベル・トロ舟” です。

シャベルは基礎の穴掘り・コンクリートの練りに使用されますが、穴掘りには “縦穴掘り複式シャベル” (杭用シャベル)、コンクリート練りには一般的なサイズより小さい角スコップがおススメです。

トロ舟はコンクリートを練る為の容器で、強度のあるプラスチック製です。

 

移植ゴテ

移植ゴテ

コンクリートを盛る(細かい箇所や狭い箇所)際には、“移植ゴテ” の様な小さいサイズのシャベルがあると便利です。

シャベル・トロ舟の使用に関してはウッドデッキの作り方。束石を使用した独立基礎の作り方とは?の記事を参照してください。

 

ハンマー・タンパ―

グラスファイバー柄の大ハンマー

グラスファイバー柄の大ハンマー

ウッドデッキの設置位置を決める遣り方の作業では、木杭を地面に打ち込む工程があり、“ハンマー” を使用します。

小さいハンマーでも杭を打ち込むことは可能ですが、大ハンマーのほうが作業効率があがり確実に打ち込むことが出来ます。

木杭を打ち込む工程はウッドデッキの作り方。地縄張り・水盛り・遣り方のやり方とは?の記事を参照してください。

 

自作タンパ―

自作タンパ―

穴の底を突き固める

ハンマーを代用して穴の底を突き固める

ウッドデッキの基礎石(束石)を据え置く工程では、基礎石の下になる場所を突き固める道具 “タンパ―” が必要です。

タンパ―は既製品もありますが、突き固める広さに応じて自作したりハンマーで代用したりします。

基礎部分を突き詰める工程はウッドデッキの作り方。束石を使用した独立基礎の作り方とは?の記事を参照してください。

 

まとめ

今回はウッドデッキ制作に必要な道具について紹介しました。

DIYでのウッドデッキ制作でも、いいものを作ろうとなるとある程度の道具が必要です。

しかし電動工具などは高価なものが多く、一通り揃えるのは大変です。

ウッドデッキ制作後のそれぞれ道具の使用頻度も考慮に入れて揃えられるものを用意し、工夫出来るポイント(材料を業者にカットしてもらう、代用できる物を使用する、ウッドデッキの構造を変えるなど)を踏まえて制作する事が必要です。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
イサ
自宅に小屋を建て木工メインでDIYをしています。家具製作に携わった経験とノウハウを活かしてDIYに関する情報を発信しています。










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 作っちゃう? , 2019 All Rights Reserved.